2007年03月07日

業界の実態

IT Proの「記者の目」で、面白い記事が上がっていた。
「IT業界の“イジメ”の実態を紹介」
もちろんこの根底には、他業界で問題になった「偽装請負」や「期間毎固定額派遣」といった状態が恒常化しているという、業界に根深く巣食う問題があるのだけれど…

今色々書き出しているデス・マーチの問題にももちろんコレが深く関わっている。

この記事が小さな火になるならいいのだが。
冷静な目で実例を調査し記事にした記者に、乾杯。




同時に、もっと合法的・非搾取的にプロジェクトごとに人材を流動化できる環境がないと、日本の開発技術は立ち遅れるのではないかとも、最近考え始めている。
それほどにこの業界の技術というのは専門性が高い。
もちろんこの場合、技術者本位である事が前提だけれど。

どうすればそんな環境が整備できるのか…思案中…
posted by 未知夢 at 12:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | システム開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35413394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。