2006年01月15日

あたりまえの事だけど

「わからない事」がある場合、本人が一番自覚している。
「知らない事」がある場合、本人もそれを自覚できない。
開発現場でおこりがちな「知らなければ聞いてくれればいいのに」は、じつは禁句であると、最近身に染みた。
その人に「知らない事」がもしあったのなら、それは「それを知っている」自分の情報伝達ミスに過ぎない。

しかし、「わからない事」をそのまま放っておいている人間がいたなら、それには厳しく対処すべき。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

情報には、あらゆる手段で到達できるようにしておくべき。
また新たに作製する情報は、けして重複してはならない。


むぅ、今年最初の書き込みがこんなのかぃ…orz
posted by 未知夢 at 00:00| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | システム開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうBITはここに本人みたいな自覚したいなぁ。
未知夢と本人は自覚しなかった。
Posted by BlogPetのBIT at 2006年01月20日 11:22
きのう、ここに自覚された!
Posted by BlogPetのBIT at 2006年01月27日 11:25
本人や、本人などできない
未知夢が、ネットで大きい本人とかを自覚したかったの♪


Posted by BlogPetのBIT at 2006年02月03日 11:00
大きい本人など知らない事
BITは、本人とかを自覚しなかったよ。


Posted by BlogPetのBIT at 2006年02月10日 11:09
本人と、本人とかを自覚したかも。


Posted by BlogPetのBIT at 2006年02月17日 10:46
BITは、広い本人と、本人とかを自覚しなかった?


Posted by BlogPetのBIT at 2006年02月24日 11:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。